「借金解決!MONEY TROUBLE.com」メイン画像

借金返済に関することならお任せ下さい!「MONEY TROUBLE.com」

「借金解決!MONEY TROUBLE.com」  「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 債務処理 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 任意整理 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 特定調停 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 利息制限 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 個人再生 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 自己破産  
       
「借金解決!MONEY TROUBLE.com」  借金返済計画

「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 任意整理

任意整理とは、一般的には裁判所などの公的機関を使用せずに、司法書士や弁護士が私的に債権者と話し合いをすることで、借金の減額や利息の一部カット、減額した借金の返済方法などを決め、債権者(貸金業者)と和解を求める手続のことを称します。

任意整理は、裁判所などの公的機関を通さないために、債権者は話し合いに応じる義務はありませんので、債務者個人で債権者に交渉を求めても、相手にしてもらえないことがあります。
したがって、任意整理は事実上、債務者が個人で行うことは難しく、大半の方々は弁護士や司法書士などの専門家に依頼することになると思います。
また、債権者との間で、和解案に合意が成立した場合は、その和解案に従って、3年~5年の間で借金を返済していくことになります。
任意整理の中でも、特に消費者金融業者を相手にする場合は、グレーゾーン金利の過払い金の返還請求が大きな割合を占めてくるのです。

任意整理のメリット
任意整理によって債務整理をすることのメリットとしては、以下のような点が挙げられます。
手続きにあたっては、当事者のみによってなされ、裁判所が介入しないので、住民票や戸籍謄本、給料明細といった提出書類を集める必要がないので手続きが比較的楽だといわれています。
自己破産、民事再生のような裁判所が関与する公権的な債務処理ではないので、一部の債権者を除外することができます。例えば、借金に保証人がいるが、任意整理をすることにより、その保証人に迷惑をかけることができない、車をローンで購入したが、仕事でどうしても必要なので、手放すわけにはいかない、といったような事情がある場合、任意整理は非常に有効な手続と言える方法でしょう。
尚、自己破産のように、手続きの期間中、一定の職業への就業が制限されるといったような、公私の資格制限は一切ありません。
任意整理による貸金業者との和解は、すべて将来利息を免除するものとなります。
利息制限法超過利息の支払をしている場合には、利息制限法による利息額の引き直し計算によって、残元本の減額が原則的に可能になります。
尚、利息制限法超過利息を取っている貸金業者との取引が長期(一般的には7年以上)に渡る場合は、利息制限法引き直し計算によって、残元本以上の返済をしている場合があります。その場合、多くの場合には過払い金の返還を求めることが可能となります。

pickup

2017/8/18 更新

「借金解決!MONEY TROUBLE.com」  借金による問題
 
(免責事項)
当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「借金解決!MONEY TROUBLE.com」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「借金解決!MONEY TROUBLE.com」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。