「借金解決!MONEY TROUBLE.com」メイン画像

借金返済に関することならお任せ下さい!「MONEY TROUBLE.com」

「借金解決!MONEY TROUBLE.com」  「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 債務処理 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 任意整理 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 特定調停 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 利息制限 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 個人再生 「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 自己破産  
       
「借金解決!MONEY TROUBLE.com」  借金返済計画

「借金解決!MONEY TROUBLE.com」 借金による問題

ここでは特定調停や任意整理ににおける問題点を抜粋して記載していきます

特定調停のデメリット
特定調停とは、任意整理と同様、話し合いによる合意が基本である手続きであるので、債権者が必ず債務者の主張に応じるとは限らない点がデメリットとなってくるのです。
また、特定調停による借金の減額は、貸金業者との間での利息制限法の金利引きなおしによる減額作業が中心であるので、貸金業者との取引が1~2年と短期の場合は、過払いの利息も比較的少ないといえ、大幅な減額は見込めないと考えられます 。
尚、銀行系のローンのように、もともと法定利率内で借りる契約をしている場合は、利息制限法の金利引きなおしによって元金に組み入れる払い過ぎである利息がないので、減額は難しいといえるでしょう。
利息の過払い金について、返還を請求するには、不当利得返還請求訴訟という訴訟手続きによって、改めて求めていくことになります。

任意整理のデメリット
任意整理によって債務整理をすることのデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。
任意整理では、減額は利息の引きなおしが中心であり、借金の元金自体はカットされないので、毎月の支払額は、民事再生手続きよりは減額されません。
毎月一定額の返済にあてる金額を捻出できないような場合だと、任意整理によることは困難ともいえるでしょう。
裁判所の関与しない私的な債務整理方法であるため、同じ債務条件であっても依頼した法律専門家によって結果が変わる可能性がありえます。
場合によっては債権者側に有利な条件による和解となったり、和解が不成立となることもあり得る事です。
個人信用情報機関に登録されますので、今後7年間は借り入れ等が出来なくなってしまいます。もっとも、このことは、他の債務整理の方法によった場合でも当然同様なので、やむを得ないこととして受けいれておかないといけない所です。

注目サイト

相模原で人気の注文住宅業者

最終更新日:2017/8/18

「借金解決!MONEY TROUBLE.com」  借金による問題
 
(免責事項)
当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「借金解決!MONEY TROUBLE.com」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「借金解決!MONEY TROUBLE.com」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。